中国輸入 ビジネス OEM生産 生産背景

こんにちは!!


今回は弊社の生産背景を一部ご紹介したいと思います。


中国輸入ビジネスでOEM生産は、中国で材料を手配して生産するというような方法が


よく紹介されており、中国輸入以外にもタイ輸入や韓国輸入やいろいろ言われておりますが


私は数通りの方法で中国で生産しております。

 ①中国で材料を手配して、中国で商品を生産する。

 ②中国以外で材料を手配して、中国で商品を生産する。

 

あと、今後は③中国で材料を手配して、中国以外の国で生産をする。を準備しております。


今回のお話です。


私は、学生の時から革商品が好きでいつかオリジナルの革商品を生産したいなぁと


おもっておりました。


特にヨーロッパの革を使った商品などが好きで、初月給で購入したホワイトハウスコックス


の手帳は17年たった今でも使ってます。


私は、中国の広東省広州市に住んで11年目になります。


2018年からイタリアから革を輸入しようと思いました。


イタリア革の商品を生産しようと思い、オリジナル商品企画、生産、販売を始めてみました。


卸売(B to B)でODM生産として一部専門店のバイヤー、EC店舗を運営しているお客様、中国国内、台湾のお客様からオーダーをもらいながら少しずつ広めてきました。


中国国内、台湾のお客様からは、日本人が企画した商品で経営も日本人だとの事で好印象


でお取引してもらいました。


今はコロナウィルスの関係で、イタリア革が仕入れができずにストップしてます。。。。。


早くコロナウィルスが収束して再開できる事を願ってます。



生産は中国広州の革生産工場にて生産しております。


一部、生産背景写真、商品写真を紹介したいと思います。



↓弊社OEM生産サービス内容

https://www.crane-fukuoka-japan.com/blank

↓弊社過去の自社企画商品の商品一覧

https://www.crane-fukuoka-japan.com/blank-4

お問合せ先

メールアドレス info@crane-fukuoka-japan.com (担当者 平(たいら))

電話番号    093-287-5578  (担当者 平(たいら))




閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示